九州大学産学官民連携セミナー「地域政策デザインスクール」

menu

EVENT イベントのお知らせ

趣旨

 「地域政策デザインスクール」は2010年より、自立的な地域経営を担う高度人材の育成と、社会の課題解決に貢献する教育・研究を目的とする講座として実施しています。

 12回目となる本年度は、提言の具体性や実現可能性を追求するため、5つの基礎自治体を研究フィールドとして実施の予定ですいます。 社会人・大学院生で構成される受講生は、地域特性や政策課題を踏まえ、新たな取り組みやビジネスモデルを政策提言として取りまとめ、2022年2月12日の政策研究発表会にて政策提言を発表します。

 昨年度は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、これまでリアルで開催していた講義やグループワークの大部分をオンラインで開催し、発表会当日も遠隔地にある自治体やゲストをオンラインでつなぐ形で実施致しました。 正に、Withコロナ時代において、公共政策を担う人材育成の新たな取り組み(ニューノーマルの挑戦)となったと思われます。

2021年度講座テーマについて

 「持続可能な地域に資する政策デザインの実践 〜新しい社会のかたち〜」とし、人口減少や高齢化などのトレンドや地方創生、Society5.0等の政府の方針を踏まえた新しい政策をデザインします。